basic10_00eye-catch

中国輸入でPSE以外にも気を付けるべきルール

中国から輸入でコンセントのある商品は

PSEに抵触するため輸入できません。

それば先日のメルマガで解説した通りです。

今日はそれ以外にもあるルールのひとつについて

見落としがちなものの解説をしていきます。

それは「電波法」です。

電波法では無線などに関することが定められていて

日本で電波を出す場合には

電波法に準拠する必要があります。

カンタンにいうといろんな基準や許可などが

ありますよよという事なのですが、

具体的にはまずラジコンが挙げられます。

中国輸入ではよく扱われる商材です。

たくさん出品されているけれど

アマゾンでもたくさんのラジコン(ヘリ)が出品されています。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AA&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%AA
さて、ラジコンはプロポ(操作する機械)は

電波法に基づく認定が必要なのですが

このうちの何割の商品が実際に認定を受けているのでしょうか…

また、自撮棒も同様です。

棒だけならいいのですが遠隔シャッター機能付きの商品は

Bluetoothだと電波を出す行為自体が違法です。

これもたくさん出品されていますが…
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E8%87%AA%E6%92%AE%E6%A3%92%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E8%87%AA%E6%92%AE%E6%A3%92%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3

また、Bluetooth はBluetooth SIGという団体があり

Bluetooth SIGに入っていないと

Bluetooth SIGからの罰金とか科せられてしまう場合があります。

とはいえ、これだけの商品がアマゾンで流通しています。

中にはきちんと許可をとったりしている商品も

あるとは思いますがその逆も相当数にのぼると思われます。

ようするに野放しな訳です。

ただ、野放しだからといって

法令に違反して良い訳ではありませんし

いつの日か一斉摘発なんてことになったら…

怖いですね。

最後に

やはり、「みんながやっているからOK」ではなく

きちんと自分の基準をもって

法令に違反するようなことはやらない、

そういうスタンスで取り組んでもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です