PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

走りながら考える

セミナーを開催すると

すぐに結果の出る人とそうではない人がいます。

この違いは何なのだろうと考えました。

早い話が「行動」なのですが、

その行動の中でも「はじめの一歩」が

結果が出る人は早いのだろうと思います。

まずやってみる、という考えですね。

それに対して結果の出ない人は

リスクや懸念、心配事がまず先に立って

行動しない、もしくは遅くなる傾向あります。

行動しなければそもそも結果なんて出ないのですが、

がんばって行動しても

結果が伴わないというのは、

始めの一歩が遅いために

スタートダッシュに失敗したことが考えられます。

早く始めて損は無い

もっとも、いち早く始めても

スタートダッシュに失敗してしまうことは

十分あり得る話ですが、

早く始めた分リカバリーする時間もあります。

ということでやはり行動は

早く起こした方が良いということです。

よく言われる「走りながら考える」というやつです。

まず、やってみることが大事です。

それは直接的な仕入だけではなく

生活のあらゆる場面で鍛えることができます。

そのひとつひとつをやっていくことで

それが小さな自信となって

やがて大きな自信になります。

最後に

行動を成功に導く大きな要因の一つが自信です。

自信は一気にできるものではありません。

小さな自信の積み重ねが大事なってきますので

思い立ったらすぐ行動。

走りながら考えて立ち止まったり

遅れてしまわないように常に意識してください。

それが成果に結びつきやがて成功となって表れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です