N189_mushimeganedekakuninnashi_TP_V

中国でPSEマーク付きの商品?

中国から輸入するにあたって

輸入できない商品のうちのひとつが

コンセントのある商品です。

なぜなら、PSEに抵触し

日本国内で販売するなら

法律で義務付けられた検査をしないといけないからです。

※PSEについて詳しくは下記に
http://www.jet.or.jp/consumer/pse/

これが理由で輸入できないのです。

残念ながらアマゾンではそれを無視して

販売しているひとがいるのも事実です。

そういったなかでこんな質問をもらいました。

「タオバオにPSEを取得済みのコンセントが販売されている」
「これを買えば日本でもコンセントのある商品を販売できるのでは!」

というもの。

例えば下記のようなものですね。
https://item.taobao.com/item.htm?spm=a230r.1.14.142.trKbio&id=523998849193&ns=1&abbucket=2#detail

さて、これは正解でしょうか?

この商品を買って交換してしまえば

日本でも中国から仕入れた

コンセントのある商品を販売できるようになるでしょうか。

中国はコピー大国

答えはもちろんダメです。

何がダメかといえば、

このコンセントには確かに

PSE認証のマークは入っています。

ですが、忘れて行けないのは

中国はコピー品大国であることです。

つまり、本当にPSEの認証を取得したのか

全く分からないということです。

あくまでマークがあれば

認証を受けたことになりますので

極論、マークを書いてしまえばいいのです。

特にホログラムなど偽造防止の施策がされている

訳ではありませんのでマークを入れるのは

ものすごく簡単なことです。

でも、実際には何の検査もしていない

認証も受けていないかもしれませんよね。

そんな製品をコピー大国である

中国の商品説明を鵜呑みにして

仕入れてしまうのは非常に危険です。

最後に

アマゾンでリサーチをしていると

コンセントのある中国輸入であろう商品が

たくさん販売されていてしかも高くて

よく売れているとなれば何とかして仕入れたい気持ちは分かります。

ですが、コンセントは発火の恐れがあるなど

重大な事故に繋がることがありますので、

何とかして仕入れらないかという発想よりも

コンセントが無くても儲かる商品は

まだまだたくさんありますので、

そちらを探すことに注力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です