IMARIC20160805210023_TP_V

相乗り出品できるのか?

相乗り出品でよくあるのが、

このページには出品できるのか?

こういう疑問です。

まして、オリジナルページっぽくなっていたり

おまけやセット品らしきものが

くっついていたり、

商標の取得やJANコードの取得などの

警告文などが書いてあるケースもあります。

そんなときの行動は

どうすれば良いのでしょうか。

自分の知識でもって可否の

判断をするのもひとつですが、

その知識が不足しているから

迷うこともあります。

そんな時はさっさとアマゾンに

電話してしまいしょう。

そのうえで、「この商品ページに相乗り可能か?」

ということを簡潔に聞きます。

OKがでれば相乗りしますし、

条件付OK、つまりセット品など

同じものであれば…

というケースなら言われる

通り揃えれば出品します。

ルールを決めるのはアマゾン

あなたが出品している、

出品しようとしているところは

アマゾンというショッピングモールです。

つまり、ルールはアマゾン。

既存の出品者が相乗りをされた時に

色々言ってくるかもしれませんが、

事前にルールであるアマゾンに

確認を取っておけば

何も恐れることはありません。

リサーチ段階で商品を探すのと同じく、

出品が可能かどうかもしっかりと

確認しておきましょう。

この繰り返しでどのページならOKで

どうすると完璧にブロック

されるのかがわかります。

徐々にアマゾンに確認することも

減ってくるでしょう。

ただ、既存の出品もあれこれ

策を講じてきますので

新しいブロックが登場したりしたら

その時は迷わずアマゾンに確認して

相乗りがOKなのかNGなのか

判断してもらいましょう。

最後に

もう一度言いますが、

アマゾンで売っている以上ルールはアマゾンです。

そのアマゾンのお墨付きをもらうのが

相乗りで迷った時に

何よりも重要な後ろ盾となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です