OOK89_anatanono120131223_TP_V

口癖の重要性

口癖についてです。

気を付けていることではあります。

人と話す時、何かの提案を受けた時に

できない、やれないといった

理由を考えてしまうこと、

またはそのことを口にしてしまうことです。

できない理由はいくらでも

探してくることができます。

例えば代表的なものでは、

時間が無い、お金が無い、余裕が無い

といった感じです。

何にしてもそうですが、

これらの無い無いといっているものが

逆に、ある人はほぼいないのです。

時間がある、お金がある、余裕がある

こんな人はもう何もする必要はありません。

やるとすればビジネスではなく趣味の世界です。

やれない理由はいらない

ですからできない、やれないといった

理由を考えてしまうよりも

ちょっと無理だと思っても

どうすればできるのか、どうやれば実現できるのか、

出来る方法を考えるようにしています。

結果としてできなかったこともありますが、

始めからできない事ばかりを

考えていては何も前に進みませんし、

何も実現できません。

例えどんな良い話でも

その可能性を自ら潰してしまいます。

もちろん、何でもかんでも乗っかっていたら

何にでも手を出してしまっていたら

自分がパンクしてしまいますので

そこは調整とバランスが必要で、

断るべきところ、断らざるを得ないところは

きっちりとその意思を表示しなければなりません。

もしくは、今は無理だけど後々は可能など

出来る時期を伝えても良いかもしれません。

頭ごなしに否定、断りをいれるよりも

ずっと建設的で今後に繋がります。

最後に

人はどうしても新しい事、分からない事については

避けて通りたい傾向がありますので

これらは、何となく考えていては

出来ない理由を考えてしまいがちです。

意識してできる方法、

やれる事と考えるようにしましょう。

物販での売上や利益の目標においても同じことが言えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です