TC160130090I9A6530_TP_V

中国輸入で取り扱わない方が良いもの

中国輸入で取り扱わない方が良いものは

ほかにもまだまだあるけれども

代表するものとしてあげてみました。

実際にアマゾンで売られていて、

しかもよく売れていたりしますが

取り扱わないようにしてください。

事故が起きてからでは遅いのです。

実は私も昔、こういうことを知らない時に

あわや事故が起きそうになった経験があります。

おなじような経験をして欲しくないので、

一部ではありますが、

取り扱わない方が良いものをショアしました。

取り扱わない方が良いもの

■子ども服

紐やフードに危険性あり

引っ掛けるなどの事故が起きています。

経済産業省からJIS案もでています。

http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/kijyun/kodomofuku.html

■ベビーカー、抱っこ紐、チャイルドシート

安全性が確認されていない。

赤ちゃんの命に関わります。

http://www.ikuji-tokyo.or.jp/babycar/contents/anzen01.html

■知育玩具

食品衛生法に抵触するため検疫が必要になります

赤ちゃんが口に入れてしまう可能性があるためです。

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010793.html

■バイクの、プロテクター

安全性が確認されていない。

自転車のヘルメットも同様です。

バイクのヘルメットには基準がありますが、

プロテクターには無いのですが命に関わる為

http://www.sg-mark.org/sgzhidu_2.html

■コンセントのある商品

PSEに抵触するので輸入できない

PSEマークを取得しないと販売もできません。

http://www.jet.or.jp/consumer/pse/

最後に

子ども関係をはじめ安全性が確認されていない商品は

輸入するべきではありません。

以上、輸入すべきで気ではない商品のシェアでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です