PAK75_tewotunaidekanban20130323-thumb-autox1600-16737

イクメンとしての輸入起業とは

私はイクメンとして輸入ビジネスを展開しています。

イクメンと輸入起業は

子どもとの時間を作ることが

目的というのは何度かお話してきました。

それはイクメンとしての側からみた場合で

逆に輸入起業の側からみた場合

イクメンである理由は何でしょうか?

いくつかありますが、一つに時間の区切りです。

育児に参加するということは

色々な時間の制約やスケジュールが出てきます。

いくら時間を作れたとしての全てが自由に

好きなように時間を使える訳ではありません。

リズムが大事

子どもの生活はリズムが大事です。

何時に起きて、何時にご飯を食べ、

何時に昼寝をして、何時に晩ご飯、

そして寝る時間です。

それぞれが一定の習慣になっているのが

ベターなのでできるだけ同じリズムにしています。

となると、輸入起業で1人で自由とは言え

この生活リズムに合わせた仕事の仕方、

区切り、メリハリを求められます。

これが良いんです。

どうしても輸入起業だけでは時間がありますので

ダラダラと仕事をしてしまったり

逆に没頭しすぎて生活リズムがぐちゃぐちゃになってしまう

なんていうことも起こります。

1人であれば尚更です。

そこにメリハリを付けて仕事をするには

イクメンが最適という訳です。

最後に

時間にメリハリができ、

子どもとの時間を作れて

子どもも生活リズムを整えられる、

輸入起業はそれを可能にしてくれる

働き方だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です