OZPA89_danborukaihusuru_TP_V

在庫の積み方について

イクメン輸入起業@梅田潤です。

在庫は血液と同じ物販には

無くてはならない存在です。

ただ、あればあっただけ

抱えれば良いのかというと

そんなことはありません。

在庫調整の必要性

在庫を抱え過ぎると過剰在庫となり

キャッシュフローに影響がでます。

逆に少なすぎるといつも欠品を起こして

在庫過少になって販売機会を逃すことに

繋がりますのでこれは売り上げが伸びません。

ではどれくらいが妥当なのかといえば

おおよそ1.5か月分です。

1ヶ月で売り切れる数量+

次回の納品までのつなぎ(2週間分)

があれば理論上は在庫が途切れることなく

販売し続けることができます。

実際には売れ行きに

ばらつきが出るはずですので

そのあたりは調整が必要になりますが

在庫を抱えるときの目安にしてください。

この1.5か月分を持って販売していくと

1年で8回在庫が入れ替わります。

在庫回転率としても8回転で

とても優秀に在庫を回していると言えます。

(この場合、在庫保管日数は45日です。)

最後に

このように、この商品は

1ヶ月でどれくらい販売できるのかを

把握することで、在庫の調整はもちろん

お金の使い方(キャッシュフロー)も

良くなりますので

多少面倒ではありますが、

在庫が1か月でどれくらい出ていくのか

このことはしっかりと把握するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です