-shared-img-thumb-MAX87_batuwotukuttagaijin20140531_TP_V

やってはいけない値下げとは

イクメン輸入起業@梅田潤です。

やってはいけない値下げとは何かといえば、

売れない、カートが取れない時に

真っ先に思いつくのが値下げです。

は価格も重要な要素だが/h2>

確かにアマゾンでカートを取るには価格も重要な要素です。

ですが、売りたいカートを取りたいがための

値下げははっきり言って無意味で

他の出品者だけではなく、

自分自身の首も絞めることになります。

なぜなら、今いくらで売れているのかが重要で

あえて値下げする必要はどこにもないのです。

例えば、1000円で売れている商品があって

それを800円にしたら倍の数が売れるのか?

といえば、そんなことはありません。

ほとんど変わらないといっても過言ではありません。

一時的には・・・

ただ、値下げは一時的には

最安値にした人がカートが取れたりしますので

その一瞬に限っては自分一人が

売上を集中的に獲得できる可能性があります。

ですが結局、価格を合わされたら終わりなので

ものすごく短期的で短絡的です。

一旦、無意味な値下げを行ってしまうと

その先には値下げ合戦しか待っていません。

誰も得をしません。

売れない時も同様で値下げしても売れないものは売れません。

大事なことは、市場でいくらで売れているか?です。

その価格とかけ離れた値付けをしていれば

値下げも仕方ありませんが、

売れない、カートが取れない=値下げではありません。

よく、相乗り出品者で新規に入ってきた人が

いきなり値下げをして入ってくることがありますが、

それこそ迷惑以外の何ものでもありません。

きちんと相場を見ていない証拠です。

新規出品であれ、相乗りであれ

シェアの奪い合いであることは同じです。

ただ、市場には「売れる価格」がありますので

そこから逸脱した高いあるいは安い価格で

販売するのは誰も得をしないということで

みんなが疲弊するだけです。

最後に

値下げ以外にやることは広告やページの改修

画像の差し替えなどいっぱいあります。

それでもダメな時の最終手段として

値下げを考ええるべきです。

安易な値下げは本当に意味がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です