CSS85_MBAmiru1292_TP_V

アマゾンとヤフオクには共通点がある

イクメン輸入起業@梅田潤です。

個人で物販ビジネスができる

アマゾンとヤフオクには共通点があります。

オークションとショッピングサイトで

全然違うように思えますが、

私もそうですが、併売していると

いくつかの共通点に気が付くことがあります。

主なところでは、

売り手として見た場合には、

参入障壁が低いことが挙げられます。

誰でも簡単に参入できてしまうところが

個人ビジネスを可能にしているのです。

反対に楽天やヤフーショッピングなど

店構えが必要になるところは

参入障壁が高くなり

アマゾンやヤフオクと比較しても

個人が簡単に参入できるところではありません。

では、買い手として見た場合にはどうでしょうか。

これは、ヤフオクやアマゾンに買いに来る

ユーザーさんは。買うものが決まっている

ことが多いというのが共通点です。

つまり、何か良い物が無いか?と

ネットサーフィン的に見て回っているのではなく

検索で特定の商品を探されてるケースが多いのです。

予め予算と商品が決まっているので

その商品さえ見つかればサッと買っていきます。

特にヤフオクでは

この傾向が強くあります。

ここで気を付けるべきことは、

買う気で来ているお客様の

「買う熱を冷めさせない」

ことにつきます。

例えば、ヤフオクは特に注意書きを減らすこと。

ノークレーム、ノーリターンや

○時間以内に取引、などが代表的な例です。

アマゾンでも、特有の注意書きを減らすことです。

例えば、他の出品者の商品は粗悪品の可能性がある、とか

アマゾンに報告してアカウント停止になるとか

他の出品者をけん制するような文言の数々です。

なぜならお客様にとっては

全く関係ない事だからです。

それよりも、有益で必要な情報を

簡潔に仕様にまとめ、

サイズやスペックなど分かりやすさを

一番に考えて仕様の項目を

埋めるようにしましょう。

これも熱を冷めさせないための施策です。

最後に

結局、安心して買われたほうが結果的に

売上は上がっていくものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です