MAX87_senjyutuwominaosu20140531_TP_V

以前のアマゾンは

イクメン輸入起業@梅田潤です。

商品説明は箇条書きのところで

簡潔に商品の機能や性能を書き

かなりシンプルなものでした。

しかし、最近は商品説明の充実を図ってきています。

例えば「商品紹介コンテンツ」もそのひとつです。

ですが、ただ、作っただけでは

お客様の心をとらえて

購買にまでいることはありません。

簡潔に書かれた機能説明で

「欲しい人にだけ販売」していた説明文を

「欲しいと思わせる」説明文にしなければいけません。

そこで重要になってくるポイントが3つ

それは

「ニーズ」「表現力」「納得」

です。

「ニーズ」

こんな事に困っていませんか?

こんな機能が欲しくありませんか?

など需要を捉えたことを的確に伝えます。

「表現力」

そして、そのニーズにこたえる

その商品はこれです。

とお客様に教えます。

最後に「納得」

そしてそれがリーズナブルで

納得いく価格であること

費用対効果(コスパ)が良いことを伝える

これらのどれが欠けてもいけません。

ただの商品説明を羅列したものや

ただ安さをアピールしたもの

など、こちら側からの一方通行、

押し売り的なものでは

到底、お客様の心は動きません。

最後に

これから作りこむ人、すでに作っている人も

自分の作った商品説明の

「ニーズ」「表現力」「納得」

をチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です