MAX87_senjyutuwominaosu20140531_TP_V

個人輸入ビジネスを始めるにあたって

イクメン輸入起業@梅田潤です。

初心者がまず初めに考えることは、

どんなカテゴリが儲かるのか

どんなカテゴリからリサーチしていけばよのか

ということです。

もちろん、できれば効率的に

稼ぎたいと誰もが思うことですので、

考えることは当然です。

その答えはと言うと

実は決まった答えはありません。

このカテゴリから始めなさいというのは無く

あなたの好きなものから始めたら良いのです。

アウトドアが好きならアウトドア、

オモチャが好きならオモチャ、

という感じです。

ですが、逆に初心者は

やらない方が良いカテゴリは存在します。

それはファションや靴など

サイズ、カラーの、バリエーションがあるものです。

サイズ、カラーがあるとどうしても

1商品あたりの取扱量が増える傾向にありますので、

資金力、販売力に劣る初心者が

はじめからチャレンジするには

少々ハードルが高くなります。

それら以外なら始めはあなたの

すきなカテゴリで良いでしょう

ここで、ちょっと注意。それは

「始めは」というところです。

好きなカテゴリきら始めるのは入口であって、

ずっとそのカテゴリで

やらなくてはいけないことはありません。

好きなカテゴリから入るのは、

入口をわかりやすくする為でそのカテゴリに

固執する事は無いのに中には

最初に決めたカテゴリ以外で

リサーチしない人も出てきます。

あなたの目的は稼ぐこと

あるカテゴリのエキスパートになる事では無いはずです。

つまり、入口のカテゴリで個人輸入ビジネスを

実践してある程度要領がわかれば、

カテゴリに縛られることなく、

とにかく儲かる商品を扱うようにしてください。

これは、どのカテゴリ等は関係ありません。

先程も言いましたが、目的は稼ぐことです。

カテゴリの好き嫌いはあなたの都合であって、

世の中に需要があって売れるのであれば、

扱えば良いのです。

その方が結果が、出ます。

初心者が考えることは、どのカテゴリで売るかとか、

専門店を目指すとかそんな事ではありません。

最後に

とにかく結果を出すこと。

その為にはカテゴリを絞ることは

弊害でしかありません。

どんな商品でも儲かるなら扱う。

このスタンスが結果を出すことへの一番の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です