graph-163509_640

月商100万円を突破しました

イクメン輸入起業@梅田潤です。

私のコンサル生がまた1人

月商100円を突破しました。

少し利益率が低いようですが、

私は「問題無い」と伝えました。

売上が先か利益が先か

どちらを優先すべきですか?

これは、よく聞かれます。

売上が先です

そして、聞かれたら私は迷わず

「売上が先です。」と答えます。

なぜなら、売上を伸ばせる人は

今後、利益の中身を改善することで、

自動的に利益は伸びます。

例えば、安い代行会社を変えたり

国内の運送会社を契約運賃に切り替える、

リサーチし直して原価の低い商品を手配する

など色々と対策がうてます。

また、同じ利益率でも、

売上を伸ばすノウハウがあれば

利益率の低さを売り上げでカバーすることも

決して不可能な事ではないからです。

特に物販を始めてそれほど時間がたっていない

初中級者レベルであれば尚更です。

利益を追求しだすと

どんなに売れなくても

トントンでは売りたくない、

損切りすると利益に影響が…

と目先の「利益」に捉われがちになります。

利益は一定の期間(週間や月間)の

トータルで出ればOKなのに、

単品の利益のみに固執してしまう現象です。

当然、単品の利益を考えるのは

とても重要なことですが「のみ」を考えると

それが足枷になり身動きが取れなくなります。

逆に売上さえあがれば

利益はいくらでも良いのか

という事もありませんので、

あえて言うとどちらが先かいうお話です。

加えていうなれば、

いつまで売上を優先するべきかということです。

特に明確な基準はありませんが、

最後に

私は、個人でビジネスをする場合に、

月商100万円はひとつの区切りだと思っています。

ある程度のノウハウがついたこと

各種作業ができるようになっていること

そして何より売れる自信がつくこと、です。

なのでこの月商100万円を機に

月商の伸びを維持しつつ

少しずつ利益改善を模索していくのが

ベターな選択ではないかと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です