business-1137367_640

この「譲れない一線」

イクメン輸入起業@梅田潤です。

以前、ビジネスにおいて

譲れない一線をもつことの重要性をお話しました。

この「譲れない一線」ですが、

プライベートでも役に立ちます。

誰とも一切関わらない人以外は有効です。

彼女や奥さんがいたり、家族と同居している人、

一人暮らしでアパート等に住んでいてる人、

つまり、山奥の一軒家で済んでいて

誰とも一切関わらない人以外は有効です。

日常では、色々と自分の考えとは違うことが起こります。

小さなことから大きなことまで様々です。

その全てに腹を立てていては身が持ちません。

逆に、全てのことに腹を立てないでいると

やりたい放題やられたり、

ずっと我慢していかなくてはならなくなります。

そのバランスが大事になってきますが、

このバランスをつくるのが

譲れない一線なのです。

自分として、どうしても我慢できないことを

予め想定して設定しておきます。

どんな時に怒るのかという場面を

それぞれ考えるのではなく

これだけは絶対に我慢できない、我慢しないという

ポイントを設定するかたちです。

逆の言い方をすれば・・・

譲れない一線に設定したこと以外は

全て許せる、となります。

つまり、小さなことでイラっとしていたことは

判断基準が無かったので、

不快に感じたこと=怒り

こういうかたちになっていた訳です。

1人で家にいるときはまだ良いのですが

この判断基準が無いと

時と場合に関係なく不機嫌が顔に出たりして

場の雰囲気も台無しにしてしまいます。

さらに、将来的に結婚し、

子どもができて家族となったら

ある程度の我慢は必要です。

しかし、我慢は不満が解消された訳ではありませんので

心の底の方に貯まり続けて

いつか爆発します。

でも、譲れない一線をもち、

それ以外のことを「許す」とどうでしょう。

許すということは、

終わりにするということと同義です。

怒りを我慢しているのではなく

自分の中で消化しています。

イライラも一瞬で済みます。
(絶対にしないのは無理なので)

その先にあるのは心の安定です。

最後に

個人でもビジネスでも

心の安定は、冷静な決断、判断には

欠かせないことです。

心の安定を保つため、自分を守るために

仕事と同様にプライベートでも

譲れない一線を持ってください。

そして、ビジネスの時と同様に

この一線を越えてくる人、事には

烈火のごとく怒りを爆発させてください。

それがあなたの守るべきラインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です