-shared-img-thumb-PAK23_notedentaku20140312_TP_V

Amazonベンダーエクスプレスというサービスが始まりました

イクメン輸入起業@梅田潤です。

Amazonベンダーエクスプレスというサービスが始まりました

色々人が賛否や見解などを発信していますが、

Amazonの販売力を考えれば

上手く商品が当たった時には

けた違いの売上になるかもしません。

非常に可能性を秘めたサービスですね。

私も使ってみる予定です。

「資金繰り」の側面から考える

さて、私はどんな商品が売れるとか、

アマゾンに商品を卸すことの弊害については

ちょっと横に置いて今回は「資金繰り」の側面から

ベンダーエクスプレスを考えてみます。

ベンダーエクスプレスでは、

納品したら即アマゾンが支払ってくれる訳ではありません。

納品したら月単位で請求書を送り、

請求書提出月の3か月後の月の5日に

アマゾンから納品した商品の代金が支払われる、

という仕組みです。俗に言う掛け売りです。

この納品してから支払われるまでの期間を

「支払サイト」と言いますが、

アマゾンの場合は65日が支払いサイトです。

マケプレで商品を販売した場合、アマゾンからの入金サイクルは

おおよそ2週間でしたが、

ベンダーエクスプレスでは約6倍以上の時間差があります。

これが何と意味するかというと・・・

商品=お金ですが、商品を仕入れたお金が

最低65日間は返ってこないことになります。

「最低」としたのは月末に仕入れて納品したのであれば

65日ですが、逆に月初だった場合は+30日で

95日間、3か月以上も手元の資金が無くなることになります。

さらに、3か月間手元のお金が減っていにも関わらず

納品した商品が売れて

アマゾンからの支払いがある前に追加発注が来たら

嬉しい悲鳴ではありますが、

前回納品分の資金が返ってきていないのに

新たな仕入を起こさなければなりません。

これは、商品が売れれば売れるほど、

手元に返ってこないお金が増えていきます。

最後に

在庫が欠品しても待ってくれるのか、

あらかじめすぐに納品できるように

手元にも商品を置いておかなくてはならないのか、

そうなるとさらに資金が必要です。

このあたりは実際にやってみないと

わからない部分ではありますが、

「アマゾンに商品を卸せる」=「売上が爆増」

という夢の世界だけじゃなく

資金のやり繰りが確実に必要になってくること、

そしてそれは売り上げが伸びれば伸びるほど

たくさんの資金が一時的に使えなくなることを

分かったうえでベンダーエクスプレスに

挑戦していくことが必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です