000main_vis04-2

0000
contents01l-2contents01-2

13

00 【ご注意】
   決済後に自動でリンクするページで「会員登録用のURL」が表示されます。


14-2

01-1

アマゾンで新規にカタログを作成した場合、検索キーワードの入力は必須ですが、
最近、50バイト×5から1000バイト×5の合計5000バイトに大幅に増えました。
5000バイトと言われてもピンとこないかもしれませんが、
5000バイト分のキーワードは単語にしておおよそ500語くらいあります。
これだけの量のキーワードを自分で考えてひねり出すのはとてもできません。

使い方は至って簡単でサジェストを出したいキーワードを検索してください。
検索結果で1000バイトごとに区切られていますので
あとはコピーしてアマゾンの検索キーワードに貼り付けてしまえばそれで終了です。

35

 

5000バイト以上単語も表示されますので上の5つのボックスとの入れ替えが可能です。
もちろん不要な単語は省くこともできますし、省いた後で更新ボタンを押すと
単語を上詰めしてくれます。
その際、重複している単語は1つに集約されますので、
同じ単語を何個も設定してしまうようなことはありません。

6

やってみるとわかりますが、本当に検索語句によっては5000バイト(500語程度)の
キーワード設定が本当に1、2分でできてしまいます。
「iPhone」などはその代表例です。500単語を考えて変換していくのは
途方もない時間がかかりましたが、これなら本当に一瞬で終わります。

01-2

こちらは検索に多少時間はかかりますが、これまで他のツールでは
ひらがなしか出てこなかった単語を漢字やカタカナに変換、補正してくれる機能です。

例えば、ワインを検索するとこれまでは「こうしゅう」しかヒットしませんでしたが
「amazon日本(ワード補正)」で検索すると「こうしゅう」⇒「甲州」と補正されます。
より正確なキーワードに補正してくれる機能で「Keyword Master Tool」にしかありません。

9-1

「こうしゅう⇒甲州」や「さいしょくけんび⇒才色兼備」などの語句が正しく変換されています。

【補正前】
8

【補正後】9-2

01-3

日本だけではなくアメリカのアマゾンに対応しています。
ですので、アマゾン輸出のユーザーさんにも十分使って頂けるものとなっています。

アメリカのアマゾンのサジェスト機能を元にしていますので
日本のアマゾンとは異なるアメリカで良く検索される単語が抽出されます。

アメリカで販売するためのキーワード設定に十分な威力を発揮します。

10

01-4+

アマゾンの広告「スポンサープロダクト」のキーワード設定用に
改行された状態に自動的に変換する機能があります。
この機能も「Keyword Master Tool」にしかありません。

スポンサープロダクトのキーワード設定は1000語入力が可能です。
しかし、1000語も考えて入力するのは至難の業です。
ですが、このツールを使えばその作業も本当に一瞬にして終わってしまいます。

オート設定にばかりに頼らないサジェストから導き出したマニュアル(オリジナル)の
キーワード設定を短時間に効果的に行うことができます。

12

一瞬でスポンサープロダクト用のキーワード設定に変換してくれます。

701-5

カテゴリを絞り込んでのキーワード検索も可能です。
カテゴリを絞らないキーワード検索とはまた違った語句が検索されますので
より多くのキーワード、より関係性の深いキーワードの検索に役立ちます。

また、Googleのキーワードサジェストキーワード検索機能もありますので
Googleから導き出したキーワードを設定することにも役立ちます。

411

14-3

できるだけ多くの方に使って頂きたいと考えて赤字スレスレの料金設定と致しました。
全ては使った頂いていい結果を出して欲しいからにほかなりません。

この機会を逃さないようにお申し込みはお早めにどうぞ。

13

00
【ご注意】
決済後に自動でリンクするページで「会員登録用のURL」が表示されます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です