-shared-img-thumb-PAK58_kiokuyorikiroku_TP_V

今回は「ヤフオク」がテーマ

前回の記事からちょっと時間が空いてしました。

その間、何をしていたかと言うと、

執筆活動をしていました。

フェイスブックでは告知済みなので

知っている人も多いかもしれませんが、

予定では年明けから春前くらいに2冊目の出版が決まりました。

※梅田の1冊目の書籍を見てみる
⇒中国Amazon輸入 アリババ・タオバオから仕入れる
http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=4860637569&linkCode=as2&tag=umejun-22

前回は、中国輸入でしたが、

今回は「ヤフオク」がテーマです。

アマゾンが主流になってきていますが

今は個人の物販ビジネスはアマゾンが主流になってきています。

販売力、FBAなどの様々な理由がありますが、

対照的にヤフオクは「オワコン」と言われることもあります。

ですが、ヤフオクは物販をする上では

経験しておくべきものです。

私もネット物販を始めたのは2001年ころで

ヤフオクがスタートでした。

で、なぜヤフオクをやっておくべきかと言うと

最もシンプルな物販だからです。

「安く買って高く売る」

「欲しい人がいれば売れる」

SEOだとか、広告とか複雑なものはありません。

本当に単純な構造です。

特にヤフオクは自分が何を求めいているかが

明確なユーザーが多いため、

売れない商品は本当に見向きもされません。

反面、欲しい商品にはいくらでも出す、という感じです。

ソフビの人形に数十万円も出したり、

ブランドの紙袋が売れたりします。

あなたは需要を見極めて商品を用意すれば売れる、

あとは、いかに安く買うかが勝負です。

これはシンプルですよね。

物販を勉強するのにヤフオクは最適な場所

これから本にしますが

テクニックや価格以外のセオリーもあります。

そして、需要はオークファンで調べれば分かります。

このようなシンプルな構造をしているので

物販を勉強するには最適な場所です。

初期費用もほとんどかかりません。

プレミアム会員費の数百円で済みます。

撤退も自由で違約金等々もありませんので

必要な時にだけやることもできます。

だからまだアマゾンに参入していない人、

アマゾンだけやっている人は、

ぜひヤフオクにも取り組んで欲しいですね。

特に、アマゾンをやっている人は

返品商品などで新品としては

売れない商品の訳あり販売や

不良品や破損で商品にならないものを

現金化する場としてとても使えます。

もちろん普通に出品しても売れますので、

出品することで単純に売上を上げることができます。

最後に

まとめると以下の3点になります。

・物販の基本を学べる
・在庫や不良品の処分に使える
・今すぐできる売上アップ方法

ということです。

既に取り組んでいる人は、

継続&拡大して欲しいですし、

未だの人はこれだけのメリットがありますので

ぜひ取り組んでくださいね。

【梅田 潤】amazonと中国輸入で独立した元オークファンで現役のセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です