-shared-img-thumb-OY151013249932_TP_V

私は中国輸入で実績をあげています

そして中国輸入をはじめて

2年もたたないうちに独立しました。

その経験や今の情報をこうやって

メルマガを書いたりしています。

梅田さんみたいに独立したいです!

すると、

「梅田さんみたいに独立したいです。」
「儲けたいです。」
「時間に余裕が欲しい。」

など、色々な声を頂きます。

そういう人たちに共通するのが、

「早く」というのを盛んに意識していること。

早く売りたい、早く利益を上げたい

早く稼いで早く会社を辞めたい…など。

スピードを求めるのは悪くありません。

あの楽天の成功のコンセプトにも

「スピード!!スピード!!スピード!!」

とあるようにビジネスにおいて

スピードをもって取り組むのはとても大事なことです。

あくまで基本ができての話

ただし、個人輸入ビジネスにおいて

それはあくまで基本ができての話です。

基本も何もできていないのに

スピードだけを求めるとまず間違いなく

リサーチが甘く中途半端になります。

たぶんいけるだろう、行けるはずだ、

大丈夫だと思う、売れてくれ…と。

そうやって仕入れた商品はたいてい売れません。

また、運よく売れても長続きしないのです。

そして、挫折し辞めていきます。

もったいないですね。

輸入ビジネスで成功するポイントを知っていれば

こんなことにならずに済んだのにと思います。

輸入ビジネスで成功するには

実は、あるポイントがあります。

それは、緒戦を制すること。

つまり、初期段階で確実に儲かる商品を

見つけ出し利益を得ることです。

この時の利益の多少はそれほど大きな問題ではありません。

大事なのは利益が出たという事実です。

これが本当に大事で、

なぜ少しでも利益を出すことが大事なのかと言えば、

俗に言う「勝ちぐせ」がつくからです。

はじめての経験ながら

うまくいったら本当にうれしいし、

気分も良いしのってきますので、

それが自信となって次につながります。

でも最初にうまくいかないと

次からは萎縮したり及び腰になったりして

必要以上に慎重になってしまいます。

これはマイナスのスパイラルです。

逆に上昇気流に乗るには初期の仕入で

確実に売れることです。これです!

だから、早く仕入れて早く売って

早く利益が欲しいというのは我慢して

いかに確実に利益が出るかを考えてください。

輸入はスピードを競うものじゃないんです。

儲けるものです。だから早い遅いは全く関係なくて

あとで結果的に儲かっていれば勝ちです。

もちろん、最初の1商品目で失敗したから

これから全てだめだということはありません。

ただ、1か月毎日リサーチしてから仕入れて、

1つもまともに売れないようなら

自分のリサーチ方法を一から見直した方が良いですね。

根本的にリサーチが甘いから売れないのです。

中国輸入で儲かる商品は確実にあります。

その商品を見つけるに至るまでに

絶対に焦らないで欲しいです。

最後に

焦りはリサーチの基準を緩めます。

その緩みはリスクを増大させます。

そのリスクは自分に跳ね返ってきます。

逆に、リサーチをしっかりとやれば

リスクは確実にコントロールできます。

緒戦を制し輸入ビジネスで成功するためにも

スピードよりも確実性を意識して

自分に厳しくリサーチをしてください。

【梅田 潤】amazonと中国輸入で独立した元オークファンで現役のセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です