• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

Category Archive【完全無料】梅潤Presents「中国輸入×amazon講座」

【イクメン輸入企業「中国輸入ビジネス」無料教材 】

それが、なぜ「中国」なのか――。
実は、下記ような参入障壁があり、参入をためらう人が多いからです。
・中国語・偽物やコピー品が溢れている・不良品が多い
しかしその一方で、中国からの輸入には、
メリットはズバリ3点あります。
・仕入価格の何倍もの価格で売れる(高い利益率)・継続して売れる・小資金ではじめられる
飽和したなどという人がいますが、それは真っ赤なウソです。

この中でも、もっとも魅力的なのはその利益率の高さです。
みなさんは「中国製品」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
パクリ、コピー、粗悪品……よくないイメージを持っている方が多いと思います。
一方で、
私たちの周りは、中国製の商品で溢れかえっています。
「made in China」はいたるところで目にすることができます。
100円ショップを利用されている方も多いと思いますが、その多くが中国製です。
では、それはなぜ?――答えはかんたん。安くつくれるから。

中国では、同じ商品でも日本の何分の一かの資金でつくることができます。
これは売り手目線でいうと、「中国で売っている価格の何倍もの価格で日本で売れる」ということです。
欧米からの輸入では、利益率10%前後、どんなによくても15%が限界といわれていますが、
中国輸入では、
利益率が70、80%ということも決して珍しいことではありません。
このように、
物販をするにあたって大切なメリットをすべて兼ね備えているのが、中国輸入です。
事実、私自身、これまでさまざまなビジネス、そしてさまざまな国での輸入ビジネスを実践してきましたが、
中国輸入一本に絞った結果、これまでの利益の10倍近くを稼げるようになり、
会社員を辞めて、独立するまでにいたりました。


今回の、私が成功したノウハウを限定公開することにしました。




【ご注意ください】

本ページは一定期間公開後に予告なく閉鎖いたします。
再開は未定となりますので次に閲覧できるかどうかはわかりません。
少しでも興味のある方はこの機会に無料登録をお忘れないようにご注意願います。


イクメン輸入起業「中国輸入ビジネス」無料教材 申し込み
は必須項目です

  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認)

  
   



はじめまして著者の梅田潤(うめだじゅん)です。
このたびは、【イクメン輸入起業「中国輸入ビジネス」無料教材 】にお申込みいただきまして、誠にありがとうございます。
この講座は、私が培ってきた中国輸入のノウハウを皆さんにお伝えし、1人でも多くの方が
時間的、金銭的、心情的な自由を手に入れ、自分の夢や希望を実現するために公開しました。
今後、今よりも少しでも多く収入を得られるようになればと思います。
その手段として、これから中国輸入について学んでいきます。
輸入の手順、リサーチ方法、販売方法の設定から実践まで、
中国輸入を始めて、実際に販売し、利益をあげていくところまでのノウハウを、あますところなくお伝えします。
販売には、 Amazon(アマゾン)を使います。今や、楽天に引けを取らない程のショッピングモールです。
この講座では、どうやって中国からの仕入商品を販売すれば良いのか、
偽物や汚損など輸入で起こり得るトラブルにどのように対処するのかなど、安心して輸入ビジネスを行うためのノウハウをお伝えします。

1977年生まれ、大阪府出身。大学卒業後、株式会社eSPORTSに入社。Web最大級のECサイト「eSPORTS」でオークション事業を立ち上げ、トップクラスのストアに成長させる。2004年から4年連続でYahoo!オークションストア・アワードを受賞。2007年同社を退社し、ブランディング専門のコンサルティング会社に入社。その後、2009年に株式会社オークファンに入社。これまでの実績と経験をもとに、サービス企画や物販のコンサルティングをはじめ、仕入商材情報を提供する情報誌の執筆やセミナー・講演などを行い、ネット輸出入物販ビジネススクール「オークファンスクール」も担当。自らも個人輸入物販を実践し、2013年からは中国Amazon輸入に集中的に取り組みはじめ、3カ月で売り上げを5倍、1年後には売り上げを10倍にすることに成功。そこで身に付けたノウハウは、「これまでで一番、取り組みやすくわかりやすい」と多くの実践者から圧倒的な支持を得ている。

イクメン輸入起業「中国輸入ビジネス」無料教材 申し込み
は必須項目です

  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認)